今日は大台ケ原へ行くはずが・・・吉野どまり(泣)

2012.10.22.08:00

conv0001_20121022070425.jpg
今年中に必ず周ると決めた場所

びわいち、あわいち、そしてなぜだが大台ケ原(*^。^*)
この日は入念に練った計画を実行するため、朝4時に起き近鉄布施駅に輪行したら早く着きすぎ((+_+))
30分程度始発電車を待っていざ出発



約2時間電車を乗り継ぎ、近鉄吉野駅に7:24に到着したものの
早朝の寒さは半端じゃございません
1.jpg
しかも駅前は、柿の葉寿司の以外のお店はは閉まったまま

仕方なく食糧調達にと、柿の葉寿司をリュックに詰め込み、坂を登ることに・・・

本来のコースは吉野から南下し、

半時計回りに黒滝村⇒天川村⇒上北山村⇒大台ケ原⇒川上村⇒吉野へと戻るはずが

結果こんな大迷走して吉野に戻るはめに(しかも距離は90kmたらず・・・)
しょぼしょぼです(泣)


事の始まりは出だしの吉野からコースアウトしてしまったこと
本来なら48号線を通って黒滝村へ向かうはずが、誤って吉野大峯林道に入ってしまった・・・

林道だけあってほとんど人や車とすれ違うことはありません。こんな淋しいところを走るのは恐怖ですね
「クマが出るので注意」なんて看板を見ようものなら、ここからすぐにでも引き返そうかと弱気になります
途中、鹿やキジに遭遇しながら間違った道を気付かずずんずん登っていきます


まず見えてきたのは、吉野の奥千本にある金峯神社です
ここに行くにはコンクリートの激坂を上がっていきます
3.jpg

ひいひい言いながらたどり着くと、此処も人っ子ひとりいません

ベンチがあったのでとりあえず汗だくの服を脱ぎ散らかして、朝食の柿の葉寿司をいただきます
これが冷たいけどおいしかった!
2.jpg

一息ついて、ここで用意した地図を冷静に見てみると・・・

予定したコース上には金峯神社はありません
しかも地図上は、道が記載されていない山奥にポツンと表記されています(唖然)

いくら机上で楽しく計画立てても、現地行ってみると想定外の道や案内が出てきたり
まあ、いいかって安易に考えてずんずん進んだら、取り返しのつかない深みにはまってしまうことって
よくありますよね!!!(同意求む)


狐につままれたような気持ちでした
この時点で結構時間がたってましたので、大台ケ原はあきらめ適当に流すことに・・・
仕方がないので登れるところまで登ってみようと意を決して出発します

途中にあった湧水場で息を吹きかえします
林道なので当然自販機なんてな便利なものは見当たりません
4.jpg


林道をどんどん進むと通行止めのバリケードに出会いましたが
構わずずんずん進みます

そして行きついたところが
5.jpg
道路が崩落してました((+_+))

ここから先には進む勇気はないので、ここでお折り返し
あとは至極の下りだらけの帰路につきます

途中高圧線の鉄塔が見事だったので写真をとりました
6.jpg


下りは速い!あっという間に吉野に到着です
着いたら秋祭りの最中でした
7.jpg


行くところがなくなったので、とりあえず反対ルートで
大台ケ原の上りの手前まで行ってみようと、吉野川を上流に向かって進み始めますが・・・
8.jpg


なんだかとても体が重く、足が周りません
これって大台ケ原のたたりかな~ 
来るな!って誰かが叫んでいるのかな~なんて言い訳している自分がいます
結局誘惑に負けて、また計画をしっかり見直して、
確実にたどり着ける初心者向けルートにして、次回に残しておこうと岐路につきます。

できるだけ大阪まで近づこうとしますが
緊張の糸がぷっつり切れたためかお気楽モードに体全体がスイッチされてて
途中のJR大和高田駅にて本日のツーは終了です

帰って冷静に考えたら到底無理な計画になってたなと改めて感じました。
お一人様だと自虐的なツーがまったくできなくなってきた
今日この頃です~(*^。^*)





スポンサーサイト

鯖街道・朽木・能見峠・佐々里峠・花背峠にいってきた

2012.10.15.06:39

子供は父より友達を優先した!!!((+_+))ってよくあること~♪

やることのなくなったぼくは、いつものように地図とにらめっこ


行きたいところは山ほどあるけど

まずは気力・体力・資力を考え

今回は以前到達できなかった佐々里峠に向け、朽木の原生林を抜けて行ってみることに!



ルートはこんな感じです





予定では佐々里峠から美山に抜け、162号線で帰るはずが、

朝寝坊のため佐々里峠を折り返すことに(*^。^*)


今回はGIANT DEFY3号で輪行し、京阪出町柳に7:30到着

さっさと組み立ていざ出発!


鯖街道に旧道がこんなにあったなんて初めて知りました!

三千院・途中トンネル・花折トンネルを快調に通り抜けると

目の前には雄大な安曇川が待っています!  ここは車では何度となく通った道です
conv0009_20121015061522.jpg


鯖街道を北へ爆走し(気持ちがいいくらい爆走できます!)
23号⇒783号に入ると朽木の原生林が待っています

ここにはなぜか永遠の森という記念碑がありました
conv0010.jpg


当たり前ですが、もうススキの季節なんですね~ 

ススキといえば箱根や富士山のススキを思い出しますが、関西にも探せば名所がたくさんあるのでしょうね!
conv0011.jpg


しばらく南下し、110号能見峠へ到着!

でも関西の峠は何処行ってもあっさりしてますね。
東京の場合は峠と一目でわかる記念碑があり写真が撮りやすかったですが・・・
conv0012.jpg


途中見つけた、解体中の萱ぶき屋根の古民家
ちょっと物悲しくなりますね
conv0013.jpg


38号に出て北上するとお目当ての佐々里峠が見えてきました

でもほぼ峠まで2車線で、期待していたほどよい峠でもなかったな~
conv0014.jpg


その後は流して出町柳まで帰還です

途中見つけた赤い橋、なかなか緑に映えてました
conv0015.jpg


花背峠に向かう途中にあった蕎麦屋でやっとゆっくり休憩です

ここのそばはそこそこのお値段でしたが
おいしかったし、古民家なので内装はおもしろかったな!
conv0016.jpg


京都市内に出て、せっかくなので
宝が池まで行って京都国際会館をバックにパチリです
conv0017.jpg



距離は142kmと案外伸びませんでしたが
久しぶりの峠三昧?で、帰ったら即爆睡でした(^O^)/

サイクルモード行ってきた!

2012.10.08.22:55

今日は南港ATCホールで開催されたサイクルモードFESTAに行ってきた!
今回のお目当ては、そう!2013モデルのロードバイクの試乗です!

まずは会場にセッティングされているバイクを視察
いろいろありましたが、やっぱり気になるのは
8月に買ったリドレーエクスカリバー動向です!

が・・・

ネットで事前に知っていましたが、エクスカリバーの後継機はありませんでした
店員さんに聞いてみると、やはりエクスカリバーはヘリウムとかぶるので終了させたとのこと

また今回廉価版としてFENIX(フレーム 144900円)が登場してました!

このFENIXですが、実物見るとこの価格でインナーケーブルになってて
しかもエクスカリバーとダモクレスのよいところを半分ずついいとこどりしていて
フレーム単体の重さはエクスカリバー998gに対して1250gですが
普及版のカーボン素材をを使用しているということでこの価格に抑えられているとのこと!
実物もなかなかかっこいい~(ちょっと後悔・・・)


このFENIX カラーリングもGOODでしたよ!
conv0001_20121008223620.jpg


こちらはHELIUMです。これ試乗しましたが、かる~くていい感じのバイクでした
conv0002_20121008223635.jpg


あと女子ローディーで有名な絹代さんもきてましたよ
conv0003_20121008223645.jpg

外の試乗コースはこんな感じで海辺の岸壁にコースがあります
conv0004_20121008223703.jpg

これ僕が乗ったリドレーHELIUMです
conv0005_20121008223725.jpg

コンポはアルテグラで、フレームは1100gなんですけど、
ホイールがファストフォワードのディープリム仕様(1350g)とあって
これがむちゃくちゃ軽い!!!!!

でもこの後乗ったトレックのマドン7.9(Di2仕様)はもっとかる~い!!!!!
電デュラのキュインキュインいいなががら
指先1本でサクサ変則する姿は感動もんでしたね


そのあとは気になったバイクの写真を何枚か紹介
conv0006_20121008223740.jpg


conv0007_20121008223754.jpg


conv0008_20121008223806.jpg


いや~新しくていいバイクが次々出てきますね~
ぼくもちょっと買うの早まったかな~
でもエクスカリバーの後継機がなくなったということは、最後の機種ということで買っててよかったのかな~
と自分に言い聞かせつつ、会場をあとにしました(*^。^*)
いいバイク見るのって目に毒ですね(^O^)/

あわいち×4/5

2012.10.07.07:47

昨日は念願のアワイチに行ってきた
といっても、一周ではなく4/5周ですが・・・(*^。^*)


朝早くに起きて、自宅を出発、明石まで2号線で自走してみた
道は空いてて快適でしたが、ずっと市街地を走るというのは苦痛ですな

須磨あたりから山あり海ありの良好な景色が楽しめますが
もう2号線自走はしばらくなしでしょう


途中の舞子で明石海峡大橋の近くに寄ってみた
conv0009.jpg
此処って何度いっても、このコンクリートの塊の存在感には圧倒されますな

7:30には明石のジェノバライン乗り場に到着
ここで職場仲間のOさんと待ち合わせです

乗り場に来るとなんとローディーたちでいっぱいです\(◎o◎)/!
一般客は数えるほどしかいません

やはりアワイチが関西ローディーたちの登竜門なんでしょうね!

おひとり様450円、自転車200円を払い、いざ淡路島向けて出港です
conv0001_20121007071703.jpg


心地よい(というかちょっと寒い)海風を受けながら岩屋に向かいます
conv0002_20121007071833.jpg


岩屋からは時計回りに出発です
チーム参加でしょうか? 時々トレインに追いつきますので
しばらく無賃乗車で体力温存です(*^。^*)
conv0003_20121007073253.jpg


本来アワイチは塩屋から由良方面に向かって進むのが基本ですが
Oさんの本日の予定では塩屋から内陸部を進み福良へショートカットします

よって冒頭にあるとおり、淡路×4/5周(120km/150km)となりました(;_;)/~~~

福良ではコースアウトし、国民休暇村の高台からから入り江をみてしばし休息です

これがたそがれるOさんと愛車です
conv0004_20121007072918.jpg

当然僕は写真写りが悪い(なぜか短足知チビにみえる)ので、被写体には参加しません(*^。^*)
conv0005_20121007073009.jpg


その後本日の昼食場所である鳴門海峡近くの道の駅を目指します

この風景はすばらしかったな!
対岸は徳島、そう四国です!
でもこの橋はちゃりでは渡れないそうです((+_+))
conv0006_20121007073520.jpg

その後は淡路島の左側を岩屋に向け淡々と走りますが
これがまた逆風にあって進みずらいことこの上なし
体力を徐々に消耗していきます

Oさんも途中なんど足がつったことでしょう(笑)

16:00には岩屋に到着
疲れた体を松帆の湯で癒します
http://www.matsuho.com/

しかし此処には最後の難関が待ち受けてます
温泉が小高い丘の上にあるため、最後の最後に
距離は短いですが激坂が待ち受けています

これを登り切れば至極の湯が待っているということで
二人して必死の形相で登っていきます


ひと風呂浴びたあとはゆっくりする間もなく
ジェノバラインで明石に引き前します
conv0007_20121007074053.jpg

あとは明石駅まで走って輪行バックにバイク詰め込みです
Oさんが此処が詰め込むにはいい場所とのことで
ついていったらスタバのオープンテラスの前でした(*^。^*)

人々の注目を集める中
淡々とバックに詰め込んでいきます

会話に聞き耳を立てていると、「すげー」とか「かっけいい~」とか
おほめの言葉が聞きもれてきます


気分良く詰め込んだらさっさと撤収です
conv0008.jpg


ルートはこんな感じ



朝の自走を含めると199.99kmでした!
次回は絶対ほんとのアワイチ目指すぞ!!!
プロフィール

you×you

Author:you×you
関西在住のローディーです。
東京での4年の単身生活の間に、先人に導かれロードの楽しさに開花!
初代バイクはGIANT DEFY3です。
現在はソロツー主体に勝手きままに各所に出没しております。
新しい相棒はリドレーエクスカリバー! 皆さまよろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR